ウェディング

ツナガルウェディング

私たちはウェディングの最大の目的が、ご両親、親族、友人や職場の方たち、
お二人に関わる大切な方へ感謝の気持ちを伝えることにあると考えています。

お二人の「ツナガル」から始まり、ご両家、ご友人と様々な縁が「ツナガル」。それが思わぬ奇跡を起こすことも。
そのような素敵な出来事を起こす結婚式を「ツナガルウエディング」と呼び、我々が大事にしている想いを託しています。

形式や演出だけにとらわれるのではなく、お二人のSTORYに合わせた結婚式をご提案させていただきます。
晴れやかな門出の日が「ありがとう」に溢れ、大切な方に喜んでもらえる一日になるようお手伝いさせていただいております。

これは矢部川城の外庭でバルーンを飛ばしている様子です。

Wedding Style

挙式スタイル

キリスト挙式

ロビーや緑に囲まれた清々しいガーデンチャペルで、特別な誓いのひとときを。
白いウエディングドレスを纏ってバージンロードを歩く…
式を通して映えるフォトジェニックなシーンが満載です。
挙式の後はガーデンでのフラワーシャワー、ブーケトスなどでゲストとのアフターセレモニーをお楽しみください。

キリスト挙式の様子。

神前式

神の前で結婚を誓う、伝統的で厳かさに満ちた婚礼で、日本文化の魅力を感じることができます。
新郎は紋付袴、新婦は白無垢や色打掛など、美しい和装での魅力溢れる結婚式で大切な一生の誓いを忘れられない思い出に。

神前式の様子。

人前式

お集まりいただくゲストの方々の前で結婚を誓い、証人になってもらうスタイルの挙式です。
しきたりや宗教にとらわれないので、セレモニースペースや会場内はもちろん、ロビーやガーデン・テラスなど、場所を選ばず自由でオリジナリティ溢れる式が可能です。

人前式の様子。

Wedding Location

ロケーション

矢部川城では、抜群のロケーションを活かして挙式をプロデュースいたします。

Produce

矢部川城のプロデュース

ウェディングの最大の目的は、ご両親、親族、友人や職場の方たちを始めとした、お二人の大切な方へ感謝の気持ちを伝えることだと矢部川城は考えております。
結婚式を挙げることだけが目的ではなく、何のために執り行うものなのか、想いを伝えたい人は誰なのかにしっかりとフォーカスを充て、形式や演出にとらわれない、お二人のストーリーを紡ぐパーソナルプロデュースをご提案いたします。

お二人の人生には、世界のどこを探してもない唯一無二の物語があります。
Withコロナの時代になり、結婚式への価値観が再認識されています。今どきのウエディングは故郷では叶わないと言う話を聞くこともございますが、矢部川城なら可能です。
洗練された空間と自然豊かなロケーションの中で、徹底的な衛生対策のもと、ニューノーマルな結婚式を地元の八女で実現できます。真のおもてなしとは何か、今だからできることを一緒に考えていきましょう。

結婚式は、ゴールではなく新たなスタート。
一人が二人になり新しい人生をスタートさせ、それから先の未来も、かけがえのない存在が増えるたびに、原点に立ち返るような気持ちで矢部川城をご利用いただき、お祝いごとや、喜びなどを共に分かち合いたいと考えています。
私たちスタッフ一同、『おかえりなさい』と迎える、ご家族の気持ちに寄り添ったおもてなしで、みなさまをお待ちしております。

Wedding Report

ウェディングレポート

矢部川城で実際に挙げられた二組のウェディングをご紹介します。

 Report 1

新郎様は、施設にお勤めされており、施設の方と一緒に物を作る仕事をされていました。新婦様は、衣類関係をデザインするお仕事をされていました。
そんなお二人は、最初は元々結婚式をするというお考えはなかったのですが、時が過ぎ結婚式をする事になり、私たち矢部川城がプロデュースを任せていただくこととなりました。

形式ばった披露宴ではなく、お互いの家族や友人が重なるようなアットホームな結婚披露宴にしたいというお二人の想いを形にする披露宴をご提案しました。

会場のランチョンマットやテーブルナフキンを新婦様がデザインし、新郎様がデザインを形にして当日のお土産としてプレゼント。新郎様のお母様が箸袋を制作。又、新婦様のお父様がイチゴの生産者でしたので、お父様のイチゴを使ってウェデングケーキも作り、コース料理にも新郎様のおばあさまの手作り芋まんじゅうが登場し、ゲストの皆様にも喜んでいただき、驚きと感動で会場内が笑顔に包まれました。

ランチョンマットとテーブルナフキン
新郎様のおばあさまの手作り芋まんじゅう

 Report 2

新婦様のご実家が畳のお店を営んでいらっしゃいました。
その畳をゲストの皆さまに知っていただきたく、結婚式の席次表のカバーを畳で作成していただきました。
席次表として活躍したその後は、お持ち帰りいただいてご家庭のランチョンマットとして利用できるようにする、というご提案をさせていただきました。

畳で作った席次表カバー

婚礼の特別なおもてなし料理